« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »

March 23, 2005

ソニーに送ったお問い合わせメール(全文)

題名:ホームオーディオ製品ユーザーへのSonicStage3.0へのアップグレード告知について
お問い合わせ商品の分類 ホームオーディオ
型名 (省略)
購入前・後 ご購入後
ご記入欄

私は、御社ホームオーディオ製品の正規登録ユーザーです。
このたび、御社のオーディオ製品添付ソフト
「SonicStage」が3.0にバージョンアップされているようです。
http://www.sony.jp/support/p-audio/contents/download/ss30_upgrade.html

「SonicStage」はPCを中心に御社オーディオ関連機器を統合、管理するソフトのはずなのに、「ホームオーディオ・カスタマーサポート」のホームページ上にて

http://www.sony.jp/support/h-audio/index.html

アップグレードの告知がなされないのは、何か特別な事情があるのでしょうか?
もしも、特段の事情がないならば、すみやかに御社「ホームオーディオ・カスタマーサポート」での告知をお願いいたします。m(__)m

御社のオーディオ関連機器(ホーム、パーソナル)の統合されたユーザーインターフェイスの提供が、製品購入したユーザーへの「満足」を提供する上で重要なはずです。
現状のような、すでに購入された製品のサポート情報が速やかに行われない現状では、次の御社製品購入も躊躇われてしまうのが、正直な私の心情です。

どうか、ユーザーの使い勝手を大切にする、そして既製品購入者への満足度を常に大切にする昔の「ソニー」に戻ってくれることを願っております。

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SonicStageV,Upされているのは知っていましたけど、、

パーソナルオーディオカスタマーサポート

ソニー関連の話題ばかりですんません。
ソニーのポータブルオーディオ関連機器をコントロールする中核ソフト「SonicStage」が3.0にバージョンアップされている告知がされていることはわかっていました。
しかし、ソニーの製品情報Sony Drive ソニー製品情報上からバージョンアップページまでどーやったらたどりつけるのでしょうか?(^_^;)

もーねぇ、ソニーの「官僚主義」もここまでくると窮まれり!って感じです。「霞ヶ関」も真っ青でっせ。(w
**************************************
製品概要をざっと一覧してみると、

>1) 録音対応のHi-MD機器やネットワークウォークマンにマイク入力やアナログ入力で録音した曲をSonicStageへ取り込んだ後、WAV(PCM)形式でも保存できます。(Ver.3.0での新機能)

自分で録音したコンテンツがSonicStage上で管理できるようにする第一歩ですねぇ。これまでこの機能すらサポートしてなかったことが驚き。
このことが、いかにソニーが楽曲を聴かせるだけ、そして、ゆくゆくは音楽配信サービスを通じてユーザーから金を巻き上げることしか考えてなかったかがよく分かります。

>2) MP3 CD*の作成ができます。
>*マイ ライブラリ上のMP3形式の曲のみ。(Ver.3.0での新機能)

多分、遅まきながら全社的にMP3コーデック対応させる命令が下ったのでしょう。んでもって、MP3コーデックへの再エンコードはできないわけですな。

>3) SonicStageに取り込んだ曲を、ビットレートを指定して機器・メディアへ転送することができます。(Ver.3.0での新機能)

MP3コーデックで録音されたものでもビットレート指定ってできるんですかね?(期待していないけど)

>7) マイ ライブラリの曲情報が充実し、使いやすくなりました。(Ver.3.0での新機能)
>・ 曲情報として、リリース年や作曲者情報が表示されます。
>・ 一覧の見出し(アーティスト、ジャンル、演奏時間など)を右クリックすることで、見出し項目の追加、削除ができます。
>・ ドラッグアンドドロップで一覧の見出しの列を並べ替えることができます。
>8) アルバムの編集機能の名称を「マイセレクトアルバム」から「プレイリスト」に変更しました。またドラッグアンドドロップで編集できるようになりました。(Ver.3.0での新機能)

これって、「プレイリスト」方式に変更されたと思うでしょ?でもよーく観ると、「名称変更」って書いてあるんですよ。すなわち、従来の基本アルバム単位での管理には変更されていないと思われ。ま、乗り換える気ないんで、どーでもいいけど。

>10) 音楽CDから録音した曲、コンピュータ上の音楽ファイルを取り込んだ曲、Hi-MD機器または録音に対応した一部のメモリースティック対応機器で録音し、SonicStageに取り込んだ曲の転送回数に制限がありません。
>*インターネットの音楽配信サービス(EMD)から購入しSonicStageに取り込んだ曲は、曲の配信者により転送回数が設定されています。

わざわざ最後に「制限がありません」とアピールしたくなるソニーの気持ちはわからなくはないですが、本当に必要なことっていうのは、「曲の配信者により」「設定されている」「転送回数」を少しでも緩やかな条件になるように、ユーザーのニーズを代弁していくことなのではないでしょうか?
結果として、転送回数「1回だけOK」などという理不尽に厳しすぎる転送回数制限が残っているうちは、乗り換える気になれません。

思うに、ほんとにMP3で楽曲をエンコードする場合は、音質で定評があると言われている「LAME」あたりでやるので、別にiTunesであろうが、SonicStageであろうが、MP3関連の機能を使うことはそんなに多くなるわけではない。しかし、ユーザーの使い勝手を少しでも良くすることにどれだけ本気になっているのかどうかを計る大きなバロメータにしているのです。
現状のSonicStageの機能から透けて見えるのは、
「既存ユーザーの持っているMP3ファイルを他エンコードファイルと同等程度に扱えるようにしないと誰も触ってもらえないから対応させました。でも、著作権管理できない悪しきMP3ファイルがこれ以上増えないように、音楽CD取り込み時にはMP3エンコード機能の標準搭載は引き続き見合わせておきます」
という感じです。
本当に自社独自のATRAC系コーデックが技術的にも優位であると自信を持っているならば、MP3エンコード機能も標準搭載しなくちゃ。
ちなみに、iTunesの場合は、一応デフォルト値はAACエンコードとなっているものの、MP3エンコードも選択可能なのです。そして自社独自のAppleロスレスも環境設定でユーザーが積極的に選択して初めて使えるようにしているという、米国らしくない(笑)なんというつつましさ。
押しつけがましくない、ユーザーニーズを大切にしようとする姿勢がにじみ出ている、こういうところでユーザーは乗り換えるかどうかを判断しているのですよ。

このあたりのユーザー心理をソニーはいつになったら正確に理解してSonicStageに反映させてくれるのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

ソニー関連の言葉で『ぐぐっ』てみました。

【きまぐれ偏拾帖】: ソニーはCLIEでなぜ失敗したか

ソニーが今年上半期で「クリエ」販売終了するに至った原因が詳しく考察されております。自分もNetFront搭載のPalmOS5搭載機を購入しましたが、無線LAN経由のブラウズがAirH"32k経由のときよりも描画がノロいという驚愕の事実、製品発表後1年近くも放置されてしまっていたことを苦々しく思い出しました。

Modern Syntax : ソニー、VAIO「第2章」発表会を開催

もう1年近くも前のブログでも「社長を交代させたほうがいいかも」というつぶやきが書かれていたんですよねぇ。

さて次の企画は

これも半年前のブログでのSCEとの取引から透けて見えるソニーの現状を示す一つの材料となるのでしょうか。

栗原潔のテクノロジー時評: ソニーの敗因について考える

通説的なソニーの低迷原因の分析についてまとまった文章になると思います。いわゆる経済誌が書くような上っ面な分析ではなく、きちんと不振の構造的原因まで掘り下げて書いているので、ソニーの混迷を観ていく上で出発点となる分析になると思います。

ITmedia ライフスタイル:トップ交代劇に思う“ソニーの目指す方向性"

テクニカルライターの本田雅一さん執筆のソニー低迷を現場で見てきた感想録です。

> 問題は自分たちがユーザーのニーズを満たせていないと
>気付いていながら、製品や製品を中心としたエコシステム
>(市場の共存共栄関係)全体を変えていこう、新しい時代
>の変化に応じていこう、という方向に向かえなかったことだ。

上記のリンク、クリエでなぜ失敗したのかでも似たようなフレーズが書かれていましたねぇ。
一方のiPod向けでは、各種オプション機器がメーカー純正のものだけではなく、世界中のサードパーティから続々と発売されています。単一商品のiPodを自分の使い方に合わせた「カスタマイズ」できることで、本体商品の魅力をさらにアップさせているのです。

iPod本体に、サードパーティ製の録音マイクキットを取り付ければ、ICレコーダに早変わり。PCにつなげば、講義録もiTunes上で一括管理できるし、ピッチコントロールソフトで早口しゃべりさせて聞くことだって可能になる。iPod+iTunesが今日すぐにからでも音声コンテンツ(自作+著作権付きコンテンツ両方とも)の中核に据えることができるのです。

SonicStageを「CDアルバム管理ソフト」という位置づけから脱皮してUIを作り直す、自分で録音したコンテンツに関しては一切の複製が制限されない録再型ネットワークウォークマンを4万円台で発表できれば、だいぶ風向きが変わってくるのではないでしょうかねぇ。

アマゾンのエレクトロニクス商品売れ筋ランキングにiPod系がトップ10に軒並みランクインしているのに対して、迎え打つべきソニーのHDDウォークマンは100傑にすら入っていない現実。(3月21日現在)

VAIOと不可解な横線達2005 【VAIO液晶画面不具合の無償修理打ち切り問題まとめサイト】

PDA事業撤退のニュース、オーディオ事業不振、PC事業も売れずに製品不良握りつぶし事案の発生、PSP初期不良事案の発生とハードウェア関連の事業は問題のない分野を探す方が難しいのはないでしょうか?

こんな記事をつらつら書いている私の気分としては、

少なからずソニー製品を購入し使ってきたが、ここ数年はがっかりさせられたことはあっても、満足させてくれた製品が皆無であった。これから気が変わるまでは、ソニー製品を購入することはない。また友人知己にはお勧めしないどころか、同種デバイスが販売されている他メーカーに乗り換えるように「必ず」言うようにしようと。
 なぜなら、経営トップ交代劇があったとしても今売られている製品は、間違いなく前経営体制で作られたものであるし、他メーカー同等品がお手頃価格で売ってるからといって手を出すと保証期間が経てば部品の設計・製造工程上の問題に起因する故障、欠陥であっても無償修理対応しないという顧客無視も甚だしい対応されてしまう事例が「現在進行形」で発生しているからです。
私が再びソニー製でなければ得られないオンリーワンの満足がかなえられる製品・サービスが発表されるのはいつのことだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 13, 2005 - March 19, 2005 | Main | March 27, 2005 - April 2, 2005 »